シネックスインフォテックでは、2018年2月14日(水)渋谷ヒカリエ Hikarie Hallにて「SYNNEX ICT Conference 2018」を開催いたします。「デジタルトランスフォーメーションがもたらす企業改革」をテーマに、来場されるリセラー様へ明確なメッセージ、ソリューションなどをお伝えするとともに販売パートナー様とベンダー様、そして弊社の3者による新たなビジネス機会を生み出していくことを目的として開催いたします。IT業界を代表するベンダー様の製品・ソリューションとシネックスインフォテックが注力するソリューションが一堂に会するイベントに是非ご来場ください。

特別講演

2月14日(水)10:00-10:45 特別講演 三浦 雄一郎 氏「あくなき挑戦、我が人生のエベレスト」
アドベンチャースキーヤーとして、登山家として、そして教育者としての様々な顔を持つ三浦雄一郎氏が3度のエベレスト登頂に成功した背景には日常の欠かさぬトレーニングによる心身の鍛錬が大きく影響しています。日々たゆまぬ努力を地道に積み重ねた者だけがつかむことができる栄光。そして次の栄光を目指してトレーニングを続ける三浦氏の人生訓、エベレスト登頂成功の瞬間の思いなどを記録映像とともに振り返り、挑戦を続けることの意味と意義をお話しいただきます。
三浦 雄一郎 みうら ゆういちろう プロスキーヤー / クラーク記念国際高等学校校長 / (株)ミウラ・ドルフィンズ 代表取締役 / (株)三浦雄一郎事務所 代表取締役 / (社)全国森林レクリエーション協会会長 / NPO法人グローバル・スポーツアライアンス理事長 / 元運輸省策道規則等検討会委員 / 元総理府青少年問題審議会委員

1932年青森市に生まれる。1964年イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加、時速172.084キロの当時の世界新記録樹立。
1966年富士山直滑降。1970年エベレスト・サウスコル8,000m世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、その記録映画 [THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST] はアカデミー賞を受賞。1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年次男(豪太)とともにエベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7ヶ月)樹立。2008年、75歳2度目、2013年80歳にて3度目のエベレスト登頂世界最高年齢登頂記録更新を果たす。アドベンチャー・スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。 記録映画、写真集、著書多数。

出展カテゴリー

今後のITトレンドの中心となる技術に注目し、
テーマ別に展示ゾーンを構成します。

最先端ソリューション

ワークスタイル変革

エンタープライズモビリティー / IoTソリューション

ヘルスケアソリューション

コンシューマーテクノロジー

文教ソリューション

公共ソリューション

バリュープロダクト・セレクション

開催概要

名称
SYNNEX ICT Conference 2018
テーマ
デジタルトランスフォーメーションがもたらす企業改革
会期
2018年2月14日(水) 10:00〜17:00
会場
渋谷 ヒカリエ 9F「Hikarie Hall」
〒150-8510 東京都渋谷区渋谷 2-21-1
http://www.hikarie.jp/hall/access.html
東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」15番出口と直結
JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結
主催
シネックスインフォテック株式会社